ヒーリングって何?メリットやデメリットを知って上手に心身を癒そう

ヒーリングってなに?

「ヒーリング」という言葉は近年、スピリチュアルに特に関心がない人でも知っている言葉になってきましたよね。

そもそもヒーリングとは一体何なのでしょうか?
ヒーリングを受けるとどんな良いことが?

今回はヒーリングの意味やメリット、デメリットも含めて詳しく解説します。

そもそもヒーリングの意味とは?
ヒーリングとは、怪我や病気、心の疲弊などを治す力を引き出すことを表します。
つまり「自然治癒力を高める」のがヒーリングの役割ということですね。

外部から自然治癒力を高める調整をして、心身の正常化の手助けをするのがヒーリングの役割です。

ヒーリングの種類

ヒーリングの種類

ヒーリングには色々な種類があります。

例えばアロマやマッサージ、音楽療法などはヒーリングの一種としてわかりやすいですね。
香りや音楽は健康に良い効果をもたらすことが解明されてきていますので、医学でも取り入れられることが増えている分野です。

もうひとつ関心が高まっているのが、「霊気ヒーリング」「遠隔ヒーリング」など、いわゆるスピリチュアル的なヒーリングです。

こちらはまだ科学的に解明されている部分が少ないのですが、量子物理学で考えると理論的に「気」の力は説明がつくそうです。

実力のあるヒーラーは、電話やインターネットを介して遠隔でもヒーリングを実施することができます。
直接会わなくても良いので、心身ともに疲れ切っている時には遠隔ヒーリングを試してみると良いかもしれません。

ヒーリングのメリット

ヒーリングを受けると、心身の回復力が上がります。
疲れている時に考え事をしてもなかなか出口が見えませんが、ヒーリングを受けて心身がスッキリした状態で物事に向き合えば、必ず突破口が見えるでしょう。

睡眠や食事だけでは気力が回復しない時には、ぜひヒーリングを試してみてください。

ヒーリングのデメリット

ヒーリングは治癒力を高めるためのものですで、いわゆる願掛けとは違います。

ヒーリングを受けるだけで彼氏が振り向いてくれたり、宝くじに当たったりなどはしません。
物事の解決はあくまでも自分の力でしなくてはならないので、ヒーリングに頼りすぎるのは危険です。
デメリットというよりも、心構えの面で気を付けましょう。

まとめ

ヒーリングは、あくまでも自分のパワーを回復してもう一度物事に立ち向かう活力を得るためのものです。
それさえ理解していればヒーリングの効果は絶大ですので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

心身ともにすっきりした状態で、明るい毎日を取り戻してくださいね!